チェーンサック対策

2016年12月24日
タイトルにはチェーンサック対策と書きましたが、チェーンサックそのものの対策ではなくて、なった時の被害を最小限にするためのフレームのガードの方のお話。

先日同じバイクにのるキタチャンプがチェーンサックしてチェーンステーに傷がついたとの情報があったのでせめてガードしとかないとと対策へ乗り出しました。

対策といっても程よいステッカーを貼っただけなのですが、見栄えだけはまずまずだったのでご紹介。

さて、まずはクランクを外さねば。
FSAのクランクは外したことなかったのでネット検索でポチポチ調べたところ、ただ六角で回せば良いみたいなのでやってみました。
シマノのように専用工具不要。
ただ回せば
取れました。

クランクを抜いたドライブ側のBB周辺はこんな感じ。
結構ボリュームがあるフレーム形状です。

肝心の貼り付け位置はここ。
インナーのギアとのクリアランスはかなりギリギリ。
既に擦り傷は多数ありました。

今回貼り付けるステッカーはこちら
3Mのダイノックフィルム。
よく車のボンネットなんかに貼ってカーボンボンネット風にするフィルムです。
3M製で作業性もよく、質感もいい感じ。
ペラペラのフィルムではなくて厚みも表面のコーティングもある程度強度が期待できそうです。

こちらのシートをコンパスカッター等駆使して加工
いい感じのサイズに現物あわせして

貼り付けるとこんな感じ。
思ってたよりは上手く貼れたかな。

クランク越しだとこんな感じ。
明日の本番、役立つことが無いように祈ります。
スポンサーサイト
メンテナンス | Comments(0) | Trackback(0)

続、シートポストのズレ防止

2016年11月01日
りんくうでシートポストズレて、対策したら逆効果…
日吉でさらにやってしまった
というわけで、素人アイデアではなくしっかりと相談して対策することに。

GIANTのD-FUSEという規格のシートポストでは通常のシートバインダーは使わずにフレームに内蔵された機構を使ってシートポストを前から押さえつけることで締め付けます。
その器具がこれ⬇︎
上からボルトで締め込むと、台形部分が中央の三角に押し出されて広がる仕組み。
んで、今回の対策はこの三角部分と台形部分が擦れる部分にグリスを塗布すること。
要は上の台形と下の台形が連動して広がらないとズレが生じて正しい面圧が出ないということ。
果たした対策は功をそうするか!?
メンテナンス | Comments(0) | Trackback(0)

シートポストのズレ防止

2016年10月29日
前回の関西シクロクロス開幕戦りんくうの際に、とび乗りでシートポストが下がるトラブルがありました。
たまたまサドルバッグの擦れ防止用にビニールテープを巻いていましたが1cmくらいズレしまったので、これはいかんということで対策です。
ご覧のように特殊なシートクランプで規定トルクが6Nmと決まっていますので、今回はファイバーグリップというジャリジャリしたグリスのような物を塗りまして対策。
カーボンパーツの締め付けにはお馴染みのやつです。
明日は下がりませんように。
メンテナンス | Comments(0) | Trackback(0)

ディレーラーの調子が悪い・・・

2016年10月15日
さて、練習に走りだそうとしたら
20161016153221444.jpg
ゲージが戻らない・・・
どうやらスタビライザーの機構に問題がありそう
今から練習行こうと思ってたのになぁ
と言ってても始まらないので分解整備開始です。
20161016153238eb0.jpg

まずはスタビライザー機構の蓋をオープン。
20161016153249383.jpg
蓋を開けるとスタビライザーのキモとなる部分が見えてきます。
手でゲージを動かしてみるも動きがゲキ渋!!
これは王滝の時に水でも入って錆びてるのか??

おもむろにバラしていきます。
201610161533010c1.jpg
ローラーを外した状態ではすこぶる順調に変速します。
ということは問題はローラーとそれを締め付ける金属にありそうです。

クリーンアップ&注油
201610161533101e6.jpg
案の定錆びやら王滝の砂やらが付着していました。

というわけで元に戻してみると
20161016153323cc1.jpg
しっかり治りました。
分解した時に、蓋のパッキンにねじれた痕跡があったのでそこから泥水が入り込んだのでしょう。
それにしても今回のディレーラーは分解したことがないので、組み立てられた時からパッキンが歪んで取り付けられていたのでしょうか・・・

メンテナンス | Comments(0) | Trackback(0)

王滝準備

2016年05月13日
地味な作業ながらも重要な予備チューブのパンク確認。

それから本番タイヤの準備。
中のシーラントが乾いてないか確認。
メンテナンス | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »