スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2016-17関西CX#10 桂川

2017年02月05日
今期のシクロクロス最終戦。
泥と水の路面に苦しめ荒れながらもスタートが決まって半分よりも上でフィニッシュ!!
でもせっかくスタートで稼いだ順位を泥どろ路面でズルズルと落とす厳しい戦いでした。



2017年も既に1ヶ月が過ぎ、気がつけば2月に。
そしてシクロクロスシーズンも大詰めの桂川。
私は和歌山は出走しないので2016-17シーズンラストレースです。

・前日
レース当日は雨予報ということで、桂川で雨なら泥まみれになるから当日試走したくないなぁ、せっかく土曜日めちゃめちゃ天気良いのになぁということで今回初めて前日試走へ行ってみました。
サイクリング日和ですごく快適な路面。でもレース当日には見る影もありませんでした・・・

・当日
前日試走したので会場入りはスタート1時間前。
準備を慌しくやってたら召集時間まであっという間。
コースサイドから軽くコースを覗けばコースは泥と水に覆いつくされてさながら沼と川。
20170206122029bb8.jpg
©︎Kikuzo

桂川ってまともなコンディションの方が少ない気がします・・・
C1はエントリー84名ながら出走は56名。

・スタート
1列8名で今日のスタート位置は6列目。
昨日スタート直後の路面は一応見ておいたのですが、今のこの泥では何の意味もなし。
スタート後の直線が長いので、ここでなるべく前に出たいところ。
前回スタート直後の渋滞で失速したので良いスタートを決めたい!!
スタート後、周りのスピードが乗っていかないのに対して、自分は思った感覚で前へ。
泥跳ねと集団のなか、ほぼコースの中心位置をスルスル前に上がれて10番台後半くらいまで浮上。これはグッドスタートです。
泥はトラクションがかかりにくいので一度スピードが落ちると再加速に時間が掛かるため失速しがち。今回は早め早めのシフトアップと意識して上ハン持ったりして姿勢を制御するとでハンドルにかじりつくことを防ぎうまくスピードに乗れました。
後方スタートから割りといい位置に浮上できて心の余裕が生まれたのですが、その余裕もつかの間。上位陣はやっぱり速いのであっという間にズルズル後退しはじめます。もう何十人に抜かれたんだろうという感覚に陥ったころ、応援カウント20位の声。あれ?意外に抜かれてない!?
きっと抜いた方もこの超マッドコンディションでメカトラが出たりして思うようにスピードが出てへんのやなと。
ラッキーにも自分の自転車にトラブルの兆候はなしなのでこのまま粘ります。
20170206122147c6e.jpg
©︎Kikuzo

・ちょっと脱線ウェアの話
トラブルと言えばもうひとつ。
希望が丘で低体温症の方が出るなど、寒さとも戦うシクロクロスですが、今日はスタートまで雨が降っていたこと、泥水を巻き上げて走るため常時水浸し状態で走ることを考えて厚めのインナーを着た上にゴミ袋をかぶってその上からジャージを着るという防寒対策。これが功を奏したのか、暑くもなく寒くもなく、気温で不快に感じることはありませんでした。ゴミ袋、超使えます。
201702061222170df.jpg
©︎nu

・それからアイウェア
今回もアイウェアはDOUBLE O Glasses GEAR Helium-RXでいきましたが、とにかく泥どろのなかで視界不良だけはさけたいところなのでしっかりとレンズは曇り止めの準備をして出走。
おかげで曇ることもないしずれることもないしいい意味でアイウェアを意識すことはありませんでした。
もちろん泥水が隙間から目に入ってくることもなし。
20170207102001708.jpg
©︎Tanabe Tetsu

・ラスト2周
前半戦は20位くらいですすめていたものの、時間経過とともに更に後退。このあたりは地脚をもっと鍛えなければ根本的解決はないでしょう。
そうこうしているうちに後半のセクションでトップの竹ノ内選手の姿がちらちら見え始める。
このまま逃げ切れば最終ラップに入れるけど、残り距離は微妙なところ。
20170206122012834.jpg
©︎Kikuzo

慌てると泥の路面は全く言うことを聞いてくれないし、ガンガン踏んでいけるだけの脚はもう全然残ってないし・・・
何とか逃げ切りたい!という願いはゴール前のピット横で散りました。残念。

・ゴール
最終的には-1LAPの25位でフィニッシュ。
もう少しの粘りが足りませんでした。
とはいえ順位%は今期最高タイの44%
まあこれが良いのかどうなのかといえば満足いくものではないですが、厳しいコンディションでもある意味安定してるのか?

・まとめ
スタートダッシュで良い位置まで浮上できたので、あとはその貯金で走りきったという感じでした。
泥路面での走らせ方は、少しつかめた部分もあれば足りないところも。
とにかく軽いギアをクルクル回してるようではいつまでたってもスピードが乗っていかない。早め早めのシフトアップで空転させることなく前へ前へ。
1時間のレース時間にも慣れてきて、慌てることはありませんでしたが、この順位で満足しているわけではないので、更に上を目指すためにはブレイクスルーが必要かなと思う今日この頃です。

・おまけ
20170206124452f6d.jpg
この写真を撮った後、帰り際に危うくスタックしかける・・・
一応自力で舗装路まで脱出できました。4WDで助かったぁ~。


2/5 関西シクロクロス第10戦 桂川
リザルト:25位(44%)/出走56名
(7周回 0:59:21.6 -1LAP 完走55名 フルラップ完走24名)

ウェア
アイウェア DOUBLE O Glasses GEAR Helium-RX
レンズ Out Reflect OR-WINTER
ウェア 朝ライド半袖ジャージ 朝ライドビブ(サンボルト)
インナー ファイントラックパワーメッシュ
       アンダーアーマーコールドギア
       ゴミ袋45L
シューズ S-WORKS XC

機材
バイク GIANT TCX Advanced PRO2 2016(ディーラー GIANT Store KYOTO SHIMEI
タイヤ IRC SERAC CX TUBELESS 700×32c 2.0bar
ホイール FORMOSA C5025(製作 TOM'S CRAFT
ギア 46-36t
カセット11-28 11S
コーティング WAKO'Sバリアスコート
スポンサーサイト
レース | Comments(0) | Trackback(0)

2016-17関西CX#7 烏丸半島

2016年12月25日
最近父になりまして、自転車はこの1ヶ月半すっかり育休中でしたが、クリスマスのこの日、烏丸半島から復帰です!
とは言いつつもいきなりC1のレースペースはキツい?
いや、やってみないとわかりません!!

烏丸半島は去年C1上がってから走ってボロボロにやられた気が重い会場…
キャンバーと平地の組み合わせは、いかにキャンバーで温存して平地が踏めるか!泥セクションもあるな。

とにかくインターバル的要素とシクロクロスを代表するキャンバーの身のこなしが必要ということで、そんな力あるわけないのですがやるしかありません。

今日のレースはJCXのシリーズにも組み込まれているということでC1なんとエントリー97名!!
多!!そして自分のゼッケンは81。
スタートは遥か彼方先です。

朝の試走ではウェットだった路面も、C1の頃にはだいぶ乾いてきて、キャンバーも結構乗れるところが多くなってきた様子。
乗るのが速いか押すのが速いかは混み具合と脚次第といった感じでしょう。

いよいよレーススタート。
号砲とともにダッシュ!!とはいかず大集団の後方でゆっくりとスタート。
なんとか集団の合間を縫って前に出たいが練習不足でライン一切見えてこず大集団の後ろでただ渋滞にはまる悪い流れ。
この間に一列しか前に居なかったmineさんはしっかりとジャンプアップ!
©︎ANDO

後方の集団に飲まれてひたすら体力を削れつつ「あぁシクロクロス久しぶり、めちゃキツイ!!」なんて思いながらただ周回を消化する状態でしたが、長野のsu-さんと接近戦を繰り広げる中でやる気を持ち直す。
身内バトルはそれこそ意地の張り合いなもんで、この緊張感と高揚感がレースなんやなぁと。
©︎chiyako

ラスト3周回くらいでトップのトッキーこと沢田時選手にラップされる。
しかもこっちは押してもヒィヒィ言うような激坂をあっさり漕ぎ上がって…
ベストポジションで見学できて良かったな。
©︎yamaneko
さすがC1は前から誰も垂れてくることなく、最後まで同じようなポジションで終了。
終わってみると、身体を限界まで追い込めてかというとそうでもなく、うまく動かせてないって感じというかうまく回りきってないという感じでした。
これこそが練習不足ですね。
あと、当たり前ですがスタートは超重要です。
ラインが読めてないのも全ては練習不足ですね。

シーズン中にお休みすると、周りの仕上がり具合に慌てましたが、まあぼちぼちこれから調子上げていきたいなと思います。
あんまりぼちぼちやってたらシーズン終わっちゃうか。


そして気になる身内バトルの結果は↓
これだからレースはやめられません。

12/25 関西シクロクロス第7戦 烏丸半島
リザルト:62位(74%)/出走84名
(10周回 1:01:10.4 -1LAP 完走81名 フルラップ完走20名)

ウェア
アイウェア DOUBLE O Glasses GEAR Helium-RX
レンズ Out Reflect OR-WINTER
ウェア 朝ライド長袖ジャージ 朝ライドビブ(パールイズミ)
インナー ファイントラックパワーメッシュ
シューズ S-WORKS XC

機材
バイク GIANT TCX Advanced PRO2 2016(ディーラー GIANT Store KYOTO SHIMEI
タイヤ IRC SERAC CX TUBELESS 700×32c 2.2bar
ホイール FORMOSA C5025(製作 TOM'S CRAFT
ギア 46-36t
カセット11-28 11S
コーティング WAKO'Sバリアスコート
レース | Comments(0) | Trackback(0)

2016-17関西CX#2 スチールの森京都

2016年10月30日
先週りんくうで開幕戦を迎えたところですが、もう第2戦がやってきました。
スチールの森京都(府民の森日吉)は2回目なのでなんとなく会場の雰囲気は覚えてましたが、コース奥の舗装の登りでローディーな方々にブイブイ言わされた記憶も蘇ってきました(^^;)
一見フラットに見える芝も、小石が隠れてるようで各クラスパンクして担いでる方を見かけるので注意も必要です。

さて、レースは19番ゼッケンでなんと2列目スタート。1列目は関クロ有名人ばかりで2列目も強豪揃い。完全に場違い感と雰囲気に圧倒されてしまいました。
そんなこんなでギアを重くしすぎてスタートダッシュ失敗…
せっかくの2列目スタートも完全に集団に飲み込まれて20位前後の位置でレースを進めることに。
©︎ANDO
まあもともとこれくらいのゼッケン番号なので慌てることもないとボチボチ気持ちを落ち着けさせてオープニングラップを進めていきます。
オープニングラップは落車などトラブルが多発するので気が抜けません。

少し集団がばらけて、だいたい20位前後を走行していく展開ですが、前回のりんくうのようにはなかなか前走者をパスできません。
©︎Kikuzo
とりあえず前の選手から離されないようにが当面の目標で周回数を重ねていきますが、4周目にして両太ももが攣りはじめます。まだまだ周回あるのに大丈夫か?
©︎MATSUOKA
コーナリングではまだまだ無駄なブレーキングが多くて自分でも試行錯誤中。
シクロは細かな処理の繰り返しなので、無駄を極力省いていかないといけませんが、この辺りの処理がまだまだです。

今日のコース、奥に根っこの登り区間があって右に一本ラインがあるのですが、これをレース中に安定してクリアするのはなかなか難しいですね。
©︎Kikuzo
私は試走段階でレース中に乗るのは難しいと判断して毎回押し。
まだレース中にリスクを負って攻められるだけの余裕がありません(^^;)

ラスト3周で沢田時選手にラップされて速えなぁと感心している頃からサドルに違和感が。
見るとサドルが下がってる!!
前回りんくうでもこのトラブルが出たので対策してみたんですが、やり方がマズかったか!?
代車もないのでゴールまで今の1cm下がりぐらいでもってほしいものです…が、周回を重ねるごとにズルズル落ちてきて最終的にはベタベタに
最後はダンシング多用でなんとか完走して21位でフィニッシュ。
最後の方の周回は単独だったんで良かったですが、接戦だったら順位を落としてたでしょうね。

というわけで今回はトラブルも出てしまってあまり満足のいく走りではありませんでした。脚も攣りまくりでしたし。(攣ったのはサドルのせい??)
まずはしっかりとトラブル対策をして、トラブルなく完走できる車両に整備せねば。
その上で、トラブルが出た時のために代車も含めたピット対策を少しずつですが考えていこうと思います。

10/30 関西シクロクロス第2戦 スチールの森京都
リザルト:21位(47%)/出走44名
(9周回 1:00:57.3 -1LAP 完走41名 フルラップ完走12名)

ウェア
アイウェア DOUBLE O Glasses GEAR Helium-RX
レンズ Out Reflect OR-WINTER
ウェア 朝ライド半袖ジャージ 朝ライドビブ(サンボルト)
インナー ファイントラックパワーメッシュ
シューズ S-WORKS XC

機材
バイク GIANT TCX Advanced PRO2 2016(ディーラー GIANT Store KYOTO SHIMEI
タイヤ IRC SERAC CX TUBELESS 700×32c 2.0bar
ホイール FORMOSA C5025(製作 TOM'S CRAFT
ギア 46-36t
カセット11-28 11S
コーティング WAKO'Sバリアスコート
レース | Comments(0) | Trackback(0)

2016-17関西CX#1 りんくう

2016年10月23日
いよいよシクロクロスシーズン本格開幕!!
今年からC1でシーズンインです。

さて、開幕戦はりんくう。
私ははじめて行きます。
20161024224123f28.jpg
高速道路や鉄道が走る高架の下が会場で、空には関空を離発着する航空機の姿が。

さて、レースは55名エントリー47名出走。
私はゼッケン50なのでスタートは最後尾6列目からスタートです。
関西シクロ独特の音楽で緊張感はMAXに!
今シーズンを占う大事な初戦の幕開けです。

号砲と共に一気になだれ込んでいくのがC1の怖さ。
最後尾スタートなのでトラブルに巻き込まれる可能性大なのですが、そこは何とかかわしたいところ。
そうこうしていると案の定接触や落車が発生。
でも奇跡的に回避して難を逃れました。
20161024223940875.jpg
©MATSUOKA

最初の巨匠カウントでは28位!
最後尾スタートから残留圏内まで奇跡のジャンプアップです。

これに調子を良くして前のパックを追います。
新車&ニューホイールのおかげもあってか自然と力がわいてきてここから約6周回をかけて11人抜いて17位まで順位アップ。
もはやできすぎです。
タイヤをチューブレスにしたおかげもあって、コーナーの粘りが前とは段違い。
誤って「ガツン!!」とやってしまってもパンクせずに本当に助かりました。
まあ過信は禁物なのでコレは反省しないといけませんが安心感が高いのは助かります。
20161024224058a68.jpg
©KATAGIRI

さて、17位までジャンプアップを果たしたものの、ココから先はやはり実力的に相当上手です。
パックも離れており気持ちも少し切れてしまいました。
こうなると先ほどまでの元気はどこへやら。
2人抜き返されてしまいます。
201610242239525d9.jpg
©MATSUOKA

ラスト2周、2人抜かれて若干慌ててそこから踏みなおすも砂利の左コーナーで単独で転倒。
さらに2人抜かれて21位まで後退。
チェーンも落ちてしまいましたが、ここでようやくピリッとしなおして最終回へ
20161025144020e58.jpg
©巨匠

ラストラップではこれ以上後退しないよう集中しなおしてゴールへ。
C1で初めてフルラップ完走を果たしつつ、自己最高順位%を獲得できました。

今回のコースでは、今まで苦手と思っていたコーナリングで前に追いついていけたことがとても収穫です。
ですが17位まで上がれたところで気持ちが切れてしまい後退したことは反省です。
次戦はもう来週末。
今回は棚ボタでジャンプアップできたようなものなので、次戦はもう一度1から集中してがんばります。

10/23 関西シクロクロス第1戦 りんくう
リザルト:21位(44%)/出走47名
(9周回 0:58:49.1 +6:30 フルラップ完走29名)

ウェア
アイウェア DOUBLE O Glasses GEAR Helium-RX
レンズ Out Reflect OR-WINTER
ウェア 朝ライド半袖ジャージ 朝ライドビブ(サンボルト)
インナー ファイントラックパワーメッシュ
シューズ S-WORKS XC

機材
バイク GIANT TCX Advanced PRO2 2016(ディーラー GIANT Store KYOTO SHIMEI
タイヤ IRC SERAC CX TUBELESS 700×32c 2.0bar
ホイール FORMOSA C5025(製作 TOM'S CRAFT
ギア 46-36t
カセット11-28 11S
コーティング WAKO'Sバリアスコート
レース | Comments(0) | Trackback(0)

IRC TIRE 90th Anniversary Cup

2016年09月25日
王滝が終わったら、次はシクロクロス!!
昨年奇跡的に??C1へ昇格したもんやから、ビビりまくりのシーズン開幕なのですが、関西シクロ開幕までにどこか走れるとこないかなって思ってたら東海シクロが先に開幕なんですね。
その東海シクロの開幕戦は、東海シクロの初戦であると同時にIRC TIRE 90th Anniversary Cupということで、記念グッズがもらえたり、BUCYO Coffeeさんのコーヒー類が選手は飲み放題な上に、サンドイッチやスパゲティーまでもらえるというのだからこれはもう行くしかないでしょ!!
本日もレンタカーの軽バンを走らせて会場へ。
201609272107401ba.jpeg
コースは芝とグラウンドを使った平坦なレイアウト。一部のキャンバーと、2メートルくらいの階段以外は真っ平ら。コンディションは前日から雨が降っていたのですっかり泥ドロです。

試走では、さりげに今シーズンから投入した新車”GIANT TCX advanced PRO2 2016”の初ダート走行だったので感触を確かめつつ。
芝は耕されてドロドロ。これから気温が上がって乾いていけば、まとわりつく厄介な感じかなといったところ。
ラインを確認するも、レース中にもどんどんコンディション変わっていきそうな感じ。
グラウンドも雨で転がり重いし、とにかくパワーいりそう…

試走ですっかり泥まみれになり、3周でやめて洗車へ。今回はC1が朝一番スタートなので時間もありません。

試走で泥まみれになったジャージを着替えていよいよ本番へ。
昨シーズンの成績でコールされてグリッドイン!
といいつつ30番コールで出走31名…
まぁそんなもんですf^_^;)

レーススタート!!
20160927210618da3.jpeg
©Kikuzo Photo
スタートダッシュで真ん中の方の選手が停滞した影響もあり、奇跡的に10位代前半で第1コーナーへ。これはチャンス!!と「このまま粘ればかなりイケるのでは」なんて思っていたら、あっという間に芝とグラウンドどっちもで抜かれる…(>_<)

巨匠のカウントで21位。順位パーセント的に残留チケットのボーダーラインくらいの位置なので、気合を入れ直す必要ありな状況。
20160927210632b28.jpeg
©Kikuzo Photo
この状況のなか前のパックにはジリジリ離され、後ろのパックにはジリジリ追いつかれ、相変わらず良くない状況が続きます。
2016092721141421d.jpeg
©chi-
しかし、昨シーズンと違うのはとにかくC1やCJのレースを経験してきたということ。慌てる必要はありません。なんせ10LAPもあって、まだ3LAPしか消化していませんので…まだあと7LAPもあるのか…orz
20160927211037bda.jpeg
©chi-
若干諦めにも似た冷静さを取り戻し、抜かれた選手とパックを組んで、競り合いながらペースを維持。
20160927210645111.jpeg
©Kikuzo Photo
コースコンディションも毎周回変化していくので色々試しながら走行。

周回を重ねていく中で、今回のコースの中では、グラウンドでは離されるけど、芝のドロドロ区間ではパックの中では追いつくことがわかってきました。
最終周回で、もし残留チケットを争うようなことになったらそこで頑張ろう。

8周が終わり、9周目へ入る時点で背後にはトップの山中選手の気配。
10周のレースと言いつつ個人的には9周のレースになりそうな予感f^_^;)
そしてあっという間に抜かれて周回遅れに(>_<)
フルラップ完走への道のりはまだ遠いorz
まぁ気を取り直し、同一周回の選手から必死に逃げる。
201609272114273ce.jpeg
©chi-

すでに自分で順位が把握できていないので残留チケットがあるかどうかわからないまま順位はキープでゴール。
201609272153442a4.jpeg
©chi-
レース後
20160927210702a1e.jpeg
思っていた以上にドロドロ・・・
でもマシントラブルはなし。
ホイールクリアランスが大きくとられているのもいいポイントです。
今回のマシンからはコーティングに WAKO'Sバリアスコートを施工してもらいましたが、やっぱり汚れが落ちやすいのが助かります。
というかそもそも汚れが付きにくい気がします。

しばらくして順位を確認。
そこでC1初の残留チケット(1枚目/3回)獲得できていることがわかりました。
去年は全く歯が立たなかったので少しだけ安心しました。よかった〜
とはいえ、-1Lapは残念・・・
さて、次戦は関西シクロ。
調子を上げていけるよう頑張ります!!


9/25 東海シクロクロス第1戦 
     IRC TIRE 90th Anniversary Cup
19位(58%)/出走31名
(10周回 1:05:16.1 -1Lap フルラップ完走16名)

ウェア
2016092721071437e.jpeg
アイウェア DOUBLE O Glasses GEAR Helium-RX
レンズ Out Reflect OR-WINTER
ウェア 朝ライド半袖ジャージ 朝ライドビブ(サンボルト)
インナー ファイントラックパワーメッシュ
シューズ S-WORKS XC

機材
バイク GIANT TCX Advanced PRO2 2016
タイヤ MAXXIS MUD WRESTLER 700×33c 2.1bar
ホイール 完成車オリジナル 
ギア 46-36t
カセット11-28 11S
コーティング WAKO'Sバリアスコート
Special thanks ”Mauto”
ディーラー GIANT Store KYOTO SHIMEI
レース | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。