スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2014.9 SDA王滝レポート

2014年09月15日
今年もこの時がやってきました。
この日のために練習してきました。
ということでレースレポートです。
備忘録みたいなものですので行動をそのまま書き綴ってます。ご了承下さいm(__)m

今回は7時ピックアップ、8時に大津SA集合で顧問さんの車に乗せて頂いて会場へ。

天気が良い王滝は久しぶりな気がします。
9月は参加者が多い為いのぶた定食はなし。ちなみに今回は温泉も人が多くて断念(T^T)

夜ご飯はうどんやらカレーやら食べてテントで9時就寝。ちなみに夜も天気が良かったので天の川まで見えて、星空がとても素敵でした。

朝は3時就寝。4時30分のバイク整理に備えて朝食のパンとスープを食べる。
その後は補給食の準備。

4時15分頃?にバイク整理のためのバイク整理に行くが、すでにコースサイドがいっぱい(゜ロ゜;
何とか隙間に入れてもらって無事前から2列目を確保。今回はバイクを2台組み合わせて立て掛けて何とか入ったので、もう少し早めに行った方がいいかも(・・;)

バイクを並べ終わればあとはバタバタと準備。今回はハイドレーションを背負わず、ボトル2本作戦で行きます。あと、キタちゃんさんにサングラスの曇り止めを貸していただきました。これが大助かり。ありがとうございましたm(__)m
ウェアのインナーはファイントラック。レース中は終始快適でした。

スタート時間が近づくにつれ緊張するも、今回は忍者神威さんと平日林道練習を積み重ねてきたのでいつもよりも自信がありました。

いよいよスタート!!
今回は5:30を何としてでもきるのが目標です。
ターゲットタイムは5:25!!
まずはパレード走行。
林道入り口までのペースはいつもどおり速くなったり遅くなったりだが、30位くらいの位置でしっかりとついていく。
いつもなら息があがるパレード走行だが、今回はそこまでオーバーペースでもない感じ。
林道に入りレーススタート。
さすがにトップ集団はあっという間に消えていくが、今日は大きくペースダウンせずに走れて、回りのメンバーを見れば雑誌やネットで見たことあるような顔ぶれ。何か今日は乗れてる感じです( ̄∇ ̄*)ゞ
気づけば後ろは誰も居らず、第3か第4か分かりませんが集団に乗って走れてるようです。
いつもならこの時点で単独走行なので大出世。ペダルを回す脚にも力がこもります。
第1ピークのターゲットタイムは54分でしたが通過は50分。ここで4分の貯金が出来ました。上出来です(^^)d
しかし今まで乗ったことのないレベルの高さの集団だったのでレース展開がわからず苦戦。僕からすれば回りの連中全員登って下れるスゲーやつばっかり(--;)
いっぱいいっぱいとまではいかないが平均点が高い感じ。
そんな集団に乗り続けて2回目の下り。ここはガレてるので注意が必要でした。しかし、この下りで痛恨のパンク!Σ(×_×;)!サイドカットでした。一瞬の「バシュ!!」という音と共にリアタイヤが力を失いました(ToT)
王滝で初めてのパンク。それも約3センチのサイドカット。焦りましたが一度落ち着冷静に。パンク修理中にはTKPさんに抜かれました。しかし、これが逆に「絶対に抜きかえす」という目標になり集中力を高めました。
復帰には約8分かかりました。作業の遅さは今後の課題ですね。
復帰後の集団は集中力を切らさずパスを続けました。まだ混雑するような集団ではなかったので、ラインを外すこともほとんどなかったです。

CP1は2:17で出発。停車時間約1分。ターゲットタイムから5分の遅れ。ここではボトルを2本とも満水にして2RUN一粒補給。暑くも寒くもないのでボトルはどちらも半分程度残ってました。

ここからも集中力を切らさずに追走。
いつもなら中ダレする中盤ですが今回はペダルを回す脚の力は途切れることなく、いいペースで踏めていました。ダム湖横のフラット区間でも集団を引き続け、気づけば後ろは誰もいない。「今日のオレは踏めてる!絶対追い付ける!!」そう信じてひたすらペースキープ。なかなかTKPさんの姿が見えませんが必死に追い続けました。

CP2は3:51で通過。ターゲットタイムから3分遅れ。ボトルの残量を確認して、ここからはCPノンストップで行くことを決めた。
このCP2で補給していたTKPさんにようやく追い付きました。
だいぶ消耗していましたがTKPさんの「諦めるな!行けるぞ!!」の声にパワーをもらって再び加速。絶対にペースを落とさないと誓いCP3へ向かいます。

CP3は4:37で通過。ターゲットタイムから1分遅れまで挽回しました。この頃になるとさすがに序盤のハイペースの疲労が出てきてペースが上がりませんが、記録更新を狙って我慢の走り。
下りではサイドカットしたリアタイヤも心配で安全ペースで走るしかありません。

ゴールへ向かって全力で飛び込んでいきたいのですが、ここで再びパンクすれば記録更新は不可能。「慎重に、慎重に」と言い聞かせて走ります。

何とかゴールへたどり着き、タイムは5:27:05でした。
14108469930.png

14109661260.png

反省すればきりがありませんが、収穫もありました。
今回の王滝に向けての練習方法は間違いなくポテンシャルを高めましたし、サイドカットして停車を余儀なくされましたが、気持ちは切らすことなく復帰できたことは良かったと思います。

全てを上手くまとめる総合力がなければさらに上は難しいかもしれませんが、今回の教訓を糧に頑張ります
14108470420.png
こうやって一緒に山走って、一緒にレースへ行って、表彰式で喜んでくれたりする仲間に感謝です(^^)
次回も、もう一回り強くなりたいですp(^-^)q

補給 スタート前
チョコチップじゃないスナックパン5本
コーンスープ
CLIFのバー
ゼリー
塩熱サプリ

補給 スタート時
ボトル2本(BCAA&クエン酸、電解質パウダーそれぞれ500cc 15分に1回以上)
パワージェルウメ味10個(フラスコに5個ずつ 水で薄めて30分に1回以上)
2RUN1袋(CP1、2でそれぞれ1粒ずつ)
CLIFのジェル3個(予備用 今回は1個使用)

補給 CP1
ボトル1本目(BCAA&クエン酸が半分ほど残ってたので、満水にして一袋追加)
ボトル2本目(電解質パウダーが半分ほど残ってたが、そのまま満水にしてただの水のつもりで運用。(ジェル流し込み用))
スポンサーサイト
レース | Comments(1) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。