スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2013 TIOGA 朽木 Team Enduro

2013年07月14日
さて、今年もやってきました2013 TIOGA 朽木 Team Enduro。
真夏の4時間耐久。ハードなスキー場を使ったコースですが、昨年ソロクラスで優勝できたのでつらいが嫌いではないコース。
今年は2連覇を目指して走るわけですが、事前にエントリーリストを確認してライバルをチェック!
身内で誰が出てるのかなぁ~って思ってみたら・・・「ブリジストンアンカー 沢田時」・・・はぁ?
一瞬目を疑いましたが確かにプロの方(^_^;)
まあ真剣に勝ちに来てるわけないでしょうから置いといて、さらにリストを見ていくと関西シクロクロスのCM1トップクラスの選手が・・・レジェンドな方がなんで4時間耐久に(ーー゛)
今回は3位入賞のハードルがやたら高いレースになりそうです。

当日の天候は曇り。蒸し暑いがガンガン照りよりましか。
6時に朝食を食べて、試走とストレッチをして、ゼリーやタブレットを食べて4時間に備えました。
そしてスタート。
058_convert_20130715145330.jpg

068_convert_20130715145924.jpg

032_convert_20130715145536.jpg

038_convert_20130715145715.jpg

043_convert_20130715145636.jpg
展開は予想通りレジェンド船岡選手とパックで進みます。
沢田選手は来週のレースに向けて調整メニューをこなしているとのことでしたが、それでも僕らの全力(>_<)

船岡選手との走りの差ですが、登りの走りはまけていないのですが、大きなギャップの乗り越えやキャンバーの処理など、シクロクロスのコースで頻繁に出てきそうな地形の処理では完全に相手に分がありました。
徐々に離されていき最大28秒まで差が開きました。
050_convert_20130715145222.jpg
しかしここで小雨で耐えていた天気が一気に大雨に
路面コンディションが激変する中、28秒差を8秒差まで縮めることができました。これは29インチの安定感とディスクブレーキの安定したコントロール性が助けてくれたんでしょう。
085_convert_20130715145126.jpg
雨は激しさを増してレースは一時中止に。
中止になる前のラストラップで、万が一ここでレースが終了になったらまずいと思いゴール前でスプリントして1位を巻き返して一旦レース中断。

天候の回復を待って第2ヒートを開始。
第1ヒートの2時間の周回数と第2ヒートの1時間の周回数と着順を総合して最終結果にするとのこと。
第2ヒートはたった1時間しかありません。
スタートから全力で逃げていくしかありません。

スタートはしっかり前から出て必死で漕ぐ!
大雨の中断でコースがゆるみ、ぬかるみラインが変わってしまっていますが、今は必死に逃げるのみ!
前ではTKPさんが必死に引いてくれています。
このペースで1時間耐えられるのか心配になったところでTKPさん普通ペースに。
あら?引いてくれるのここまでなんですね(^_^;)
下りは慎重かつスピードは殺さず。
コースは第1ヒートでしっかり頭に入ったので、マディーなコンデションでも攻めるところはしっかりと。
コースの様子がわかる部分で後方の船岡選手の位置を確認しつつ、常にタイム差を意識してペースメイク。
どうやら船岡選手は渋滞に巻き込まれたようである程度の差を確保。
しかし油断はできません。
休むことなく踏ん張ります。
091_convert_20130715150430.jpg

125_convert_20130715150609.jpg

141_convert_20130715150248.jpg

092_convert_20130715150347.jpg

長い長い1時間。後半の苦しい時間帯に入ると明らかに船岡選手ペースアップ。
こちらも必死に防戦。
沢田時選手はスーと遠いところへ。別格ですよね。
121_convert_20130715150819.jpg
そしてようやくのゴール。
結果は沢田時選手に続くクラス2位。
なんとか入賞することができました(^^)
しかし、そこはプロの方。1位を辞退してアマチュアのわれわれに花を持たせてくださいました。
大人の配慮ですよね。(年齢的にはわたしの方が大人ですが、、、なにか(^_^;))
239_convert_20130715150951.jpg
ということで優勝することができました。
うれしいうれしい2連覇です。
245_convert_20130715151041.jpg
激変する天候の中、選手も応援も計測もお疲れさまでした。
大変でしたが、終わりよければすべてよし(^^)/

結果 男子ソロ1位/14名(沢田選手が1位辞退のため。)

補給 ソフトフラスク2つ パワージェル梅×5
             梅丹CC×4 梅丹CCC×1
   ボトルは梅丹電解質パウダーとBCAA&クエン酸を1時間ごとに交互
   梅丹2RUNをスタート前と中断時に
スポンサーサイト
レース | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。