スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2015.9 SDA王滝レポート

2015年09月20日
2015092318354976e.jpg
今まで何度も王滝に出てきましたが、120kmのクラスに出ようと思ったことはありませんでした。
しかし、今年は平日お休みライダーズのまうとくんや、愛知のXCライダーFullshowくんが早々に120km参戦を表明。同じ20代として負けていられないのでただただ勢いで120kmのクラスに参加することになりました。

王滝は何度走っても不安がつきません。それが初めての120kmならなおさらですが、まうとくん、カムイさんをはじめ平日ライダーズでしっかり走り込み、TKPさんのロングライド企画にも積極的に参加。事前情報もTKPさんから色々教えていただき不安を解消していきました。

目標タイムはあまりよくわからないなりに6時間45分に設定。7時間切りは120km参加選手でもだいたい20位くらいの数字になるので割と現実感のある目標設定です。

今回も土曜日の朝から朝ライドメンバーと会場へ。いつものSAに8時に集合し、途中現地のスーパーで夕食と朝食を購入して、昼食を食べてから会場へ。
バイクの最終チェックと補給食の準備を終え、コース説明会に参加したらもう夜に。
20150922185156e85.jpg
夕食はうどんやら缶詰やらアルファ化米やらを食べて9時に就寝。

レース当日は3時に起床。
ここからの流れはもう何度も王滝に来ているのでようやく慣れてきました。
4時00分からのバイク並べに備えて3時45分頃から準備。
少し混み合いつつ無事3列目を確保できました。
20150922185121f53.jpg
そういえば春は4時30分からならべたような(⌒-⌒; )

あっという間にスタート時刻に。
厳しい冷え込みはなく日中は暑くなる予感、強い日差しに備えてアイウェアはDOUBLE O Glasses GEAR sun & glass WILL
レンズは Out Reflect OR-WINTERをチョイスしました。
ウェアは半袖ジャージにビブ。インナーにはファイントラックのパワーメッシュを着込みます。
何回やっても不安でいっぱいですが、ここまでくればやるしかありません。
ご祈祷もしていただきパレードランからのスタートです。

スポーツ公園〜林道入り口(リアルスタート)
パレード走行は例年よりも抑え気味のようで余裕がありましたが、林道に入ってリアルスタートになればいつものようにあっという間に戦闘開始。
今回初の120kmなのでペース配分はよくわかりませんでしたが、各区間のターゲットタイムは過去のベストタイムから想定したので100kmだと5時間20分くらいのペースでいきます。
パレード中にFullshowくんと合流。彼は「最初は様子をみて、後からペースアップ」の予定らしく一旦下がっていきました。彼との戦いが繰り広げられる予感・・・でしたが実際には彼はこの後幾多のトラブルと戦うことに(⌒-⌒; )

林道入り口(リアルスタート)〜CP1
最初の長い登り、ペダリングフォームを意識してしっかりと回していきます。いつものようにしんどいものの、決して無理はしていない感じ。体調は悪くありません。
CP1までで昨年はパンクしてしまったので、同じ下りの区間では最大限注意を払って少しペースダウンしながら走行。
これでもタイムロスは微々たるもので、パンクに比べたら誤差みたいなものです。
意識的にペースをコントロールして安全にクリア。
他の下りはタイヤのコントロール性能と、下りのフォーム改善により前回大会よりも安定してクリア。

そんな中、スペシャライズドの竹谷選手がコースサイドに停車しているのを発見。一時先行!!
が、舗装路の登りで追いつかれまして、これはチャンスとばかりにそこで握手をしていただきました。レース中なんですがね(⌒-⌒; )
20150922185512061.jpg
©池田清子さん 「竹谷選手を追走中!!ではなくあっとう間に抜かれるの図」
プロの走りを王滝で間近に観賞させていただきました。

というわけで、振り返ると意外に楽しんでるな、自分、と思うのでした。
CP1のターゲットタイム2:09に対して2:08で通過。ほぼ予定通りのペースです。
100kmの自己ベスト想定のタイム設定なので初の120kmとしては上々です。

CP1〜CP2
今回はハイドレーションバックを使用し、2リットルの水分を積んでいるのでここではノンストップ。
いつもCP1からCP2は中だるみしがちな区間、それも今回は120kmなので今までの距離感覚がこの辺りくらいから狂い出してきて、40km地点でも「まだ1/3かぁ」というような感じに・・・
と、45km地点?くらいの下りで朝ライドジャージのライダーにあっという間にパスされる!スピード差が尋常ではない!キタちゃんだ!!最初は調子が悪かったようだが、ありえない速度で前を追っている。正直ビビりましたΣ(゚д゚lll)
そういう自分も、実は100kmクラス総合6位の方と湖横をパックで走行していたので(その時はその方が6位になられるとはわからなかったのですが)決して悪い走りではなかったようです。
無限坂はTKPさんのアドバイスで全開では行かず8割程度に抑える。
この辺りでは後続のFullshowくんがいつ追いついてくるのかとヒヤヒヤしながら走行。
今を思えば気持ちが下がり気味の区間ですね。もっと自分を信じて回していかなくては。

CP2〜CP3
本来の予定ではここでハイドレーションを給水する予定でしたが、気温やパワージェルを溶かしたボトルが思った以上に普通のドリンクのように飲みやすく、水分補給としても使えていたためハイドレーションの残量がまだ半分程度残っている感覚があったのでここも止まらず。CP2のターゲットタイム3:46に対して3:43で通過。ここもほぼ予定通りのペースです。
細かな登り下りをくり返し、CP3への長い下りへ突入。ここでトラブル発生!!
コーナリングでリアタイヤがよれる感覚。これは普通ではないと感じ一旦停車。タイヤを触ってみるとブヨンブヨンととても柔らかい感触。「スローパンクか!」
CP3が目前なので、そこで補給と同時に修理することにして一旦走行を継続します。
明らかに柔らかすぎるリアタイヤを労わりつつ、シーラントが行き渡ってくれることを信じてCP3へ。

CP3〜120km分岐
CP3到着後、すぐに修理に取り掛かります。
一旦ボンベのエア補充のみで修復可能か試みます。
低圧時はエア漏れが止まっているようでしたが、加圧するとサイドエア漏れ。
これはチューブを入れて補修するしかありません。
ここ最近の王滝では連続でパンクし続けているので、補修の判断に迷いはありませんでしたが、これはきっと自分の走り方が悪いに違いありません。反省ですね。
20150922185451b17.jpg
タイヤブートとチューブで補修して、ハイドレーションの補給をしている間に知り合いにも抜かれます。TKPさんが通過してから約3分後にようやく復帰しました。
復帰までに要する時間の長さも課題。これは4分間パンク復帰システムを使うしかないか!?
ハイドレーションは約1リットル弱位残っていました。もしかしたら120kmでもギリギリ足りるかもしれませんが、安全マージンを取って補給。
100kmでは後20kmくらいしかないのですが、120kmだと後1/3も残しているので勝負はまだわかりません。

ここからは弱くなっていた気持ちを入れ替えて、目標をTKPさん追走へ。
この展開、去年もそうだったような(⌒-⌒; )
短い2回の登りくらいでは絶対に追いつかないとは思いますが必死にペースアップ。
100kmだったら最後の下りは、プッシュするもマージンはしっかり確保し次に備えます。
120kmの合流から120km分岐までは約30分。2周目の目標になります。
結局120kmの分岐までではTKPさんを捉えることはできず、5:30で分岐へ。
ターゲットタイムは5:15だったので15分遅れ。
100kmの時より抑え気味のペースだったので、ロスタイム以上に遅れています。
このままでは7時間切りも危ういかもしれません。

120km分岐〜ゴール
120kmの分岐を左に曲がれば、いよいよ本日のメインディッシュ「超無限坂!!」
もう脚を残す必要はありません。
この坂を登るためにここまでペースコントロールして走ってきたのですから、今は練習の成果をぶつけるのみです。
是が非でもTKPさんをキャッチしようと、全力ペースで行きます。
気持ちが乗ってきたのか不思議と疲労は感じません。前へ進む力が湧いてきます。これがサイクリングハイなのでしょうか?
1人、また1人とキャッチ。
ここまでくれば、ライバルも仲間意識が芽生えて「頑張っていきましょう」と声を掛け合いながら走りました。
さすがに登りに強いTKPさん、なかなか後ろ姿を捉えることができません。
1コーナ、1コーナーと視界が開けるたびに祈るように前を見据えて朝ライドジャージを探します。
コーナを曲がった先の長い直線、その先にようやく朝ライドジャージを発見!それもバックパックにはしっかりと4分間復帰システム。間違いありません。
ペダルに更に力をこめて追走、ようやくキャッチできました。
ここで山頂到着の目安時間を教えていただき、力をいっぱいもらって先行させていただきました。
ここからはただひたすら必死。永遠と続くように感じる上り坂。TKPさんや顧問さんと行ったロングライド企画を思い出しながら、それよりはマシやろうと思って漕ぎ続けました。
分岐から山頂は、目標の50分をギリギリ切って49分台でした。
2回目の下りは100kmのライダーにしっかり声をかけつつパスしていきます。
たくさんのライダーが通過した後なので、1回目と違ってラインがしっかりできていたことに驚きました。
二回目の分岐は右へ。
とにかく必死に漕いでゴールまで全力。
橋を渡ってようやくゴール。
長い王滝でした。
201509221852144b2.jpg

結果は総合19位 年代別3位(20代)タイム6:51:29
20150922234551476.jpg
今回は海外からの強敵も多く参戦だったので、表彰台も厳しかったですがなんとか3位に滑り込みでした。

ちなみにあっという間に抜かれたキタちゃんは100km総合3位!!!
キタちゃんのちゃんはチャンプのチャンです!!おめでとうございます(^ ^)
稽古つけてもらわないとd( ̄  ̄)
chi-さんも42km女子総合3位。速いねぇ〜(⌒-⌒; )

パンクもあって一筋縄ではいかなかった今回の王滝ですが、初の120kmにしては上出来かと。
超無限坂はやはり苦しかったですがいい感覚で登れました。もう少し前半から踏んでいけたら良かったかな?
中盤に100km総合6位の方と絡めていたのに結果離されてしまった弱さを分析して克服しようと思います!!
あとは、キタチャンプの爪の垢を煎じて飲むとか(^^;;

ウェア
アイウェア DOUBLE O Glasses GEAR sun & glass WILL
レンズ Out Reflect OR-WINTER
20150922185232641.jpg
ウェア 朝ライド半袖ジャージ 朝ライドビブ
インナー ファイントラックパワーメッシュ
シューズ S-WORKS XC

機材
バイク ANTHEM X ADVANCED 29ER
タイヤ IRC MIBRO for MARATHON TUBELESS READY 29×2.0 26psi
ホイール フルクラム レッドメタル XRP 29
ギア 32t
カセット11-42 11S

補給 スタート前
チョコチップスナックパン
つぶあんぱん
コーンスープ
バナナ
クリフのバー
塩分チャージ

補給 スタート時
ボトル1本(パワージェル梅味8個 750cc 30分に1回以上)
ソフトフラスク1本( 梅丹CC6個 水で薄めて30分に1回以上)
2RUN2袋(CP1、3でそれぞれ1袋)
梅丹CCC (120km分岐で)
ハイドレーション2リットル(BCAA&クエン酸4袋)
補給 CP3
ハイドレーションの残量が1リットル弱だったので、追加で約1リットル。(BCAA&クエン酸2袋追加)
スポンサーサイト
レース | Comments(3) | Trackback(0)
Comment
No title
お疲れさまです。
そして、おめでとう!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
>ブルージャイアントさん
ありがとうございます(^^)
次戦も頑張ります!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。