スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

CJ-1 富士見パノラマ大会

2016年05月29日
CJ参戦第二弾はMTBの聖地富士見パノラマ。
東京からだとわりと近いので、王滝の次の週ですが参戦することにしました。
今回はなんと前日から会場入り。
入念に試走して!?いや、都内でもやもやしてるくらいならと練習してました。
コースにはこんな箱庭も・・・これは混雑必至、スタートからダッシュしなくては~_~;
20160528182409bf6.jpeg
レース当日は晴れ。路面もドライ。
朽木で4位を獲得できていたことが幸いして1列目の中央付近に陣取れました。
チャレンジは2周回しかないのでスタートから全力でいかなくてはいけません。
「絶対スタートで飛び出してやる!」
気合十分でスタート!!
スタート直後は上りのダブルトラック。ここで絶対前に出ないと。
20160530215111835.jpeg
©Kikuzo
上手く飛びだせてなんとホールショット。1番手でロックセクションへ。無難にこなすも緊張・・・そして3本連続の丸太セクション、トリプルログで前転・・・( ; _ ; )/~~~ 試走であんなに練習したのに本番で単独転倒ってアホか・・・囧rz
ここで和田選手に抜かれるも2位で復帰できたのは不幸中の幸い。
ここからのシングルの下りとジャンプは和田選手のあまりにも上手い走りに圧倒される。
20160530215641c46.jpeg
©Kikuzo
とにかく上りに入るまで耐えて上りセクションで抜き返す。
その後、後ろを確認すると紫ジャージ発見。
mineさんがもう2番手まで上がってきてる。
20160530125924589.jpeg
©Kikuzo
この展開は予想してましたが早速バトル開始。
mineさんには一時先行を許してしまう。引き離されそうになるも沿道の応援でなんとか食らいつく。
20160530130002951.jpeg
©Kikuzo
トップを奪い返しなんとか引き離しにかかった時、後方から1人の選手があっという間に迫ってきた。
Rise-Ride2020 青木選手だ。
2016053022065736f.jpeg
©chi-
2周目の上り。ぴったりはりつかれ一瞬にして抜かれてしまった。
林の中の上りセクションでなんとか抜き返そうと強引に右から勝負をかけるも、簡単に押し返されてしまう。
ここからジリジリと引き離されてしまう。
悔しいがもう一度抜き返すのは難しそう。
こうなると気になるのは3位のmineさん。
CJは2位までが特別昇格の対象になるので何が何でも2位を死守せねば。
何より同じチームのメンバーには負けられない!!
201605301258433dc.jpeg
©Kikuzo
すぐ後ろにいるような感覚を常に感じながら、必死で逃げる。
su-さんの応援に鼓舞されながら、最後の上りも必死で逃げる。
20160530125818a26.jpeg
©chi-
最後の最後で2位を確信。
短いはずなのにとてつもなく長く感じた2周がようやく終わろうとしている。
そしてゴール!
20160530222228ae4.jpeg
©chi-
ホッとしたと同時に悔しさが。
でも何とか2位に滑り込めました。
皆さんの応援のおかげで、そしてチーム内の切磋琢磨のおかげで参戦2戦目で昇格することができました。
ありがとうございます。
上位カテゴリーに上がったらボコボコにやられちゃうかとは思いますが引き続き頑張ります!!
201605301257545e0.jpeg
©chi-
5/29 CJ-1 富士見パノラマ大会 チャレンジ
2位/54名(2周回 31:23.73 +23.56 フルラップ完走54名)

ウェア
アイウェア DOUBLE O Glasses GEAR sun & glass WILL
レンズ Out Reflect OR-WINTER
20160528182531228.jpeg
ウェア 朝ライド半袖ジャージ 朝ライドビブ(パールイズミ)
インナー ファイントラックパワーメッシュ
シューズ S-WORKS XC

機材
バイク ANTHEM X ADVANCED 29ER
タイヤ IRC MIBRO for MARATHON TUBELESS READY 29×2.0 26psi
ホイール フルクラム レッドメタル XRP 29
ギア 32t
カセット11-42 11S
スポンサーサイト
レース | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。