DOUBLE O Glasses GEAR Helium-RX

2016年09月03日
アイウェアをサポートしていただいてますDOUBLE O Glasses GEAR様の新作オリジナルアイウェアHelium-RXが到着しました!!
2016090312373425d.jpeg
カラーはカーボンとマットブラックの2種類ですが、私はマットブラックをチョイス。

レンズはもはや手放せなくなってしまいました信頼のDOUBLE O Glasses GEARオリジナルレンズのOut Reflect
OR-WINTERにゴールドミラーのコーティング。
このレンズ、本当にいい!
MTBのレースで見にくかった局面はほぼありません。
オールラウンドに見やすくてとても使いやすいです。
もちろん考え抜かれた偏光率が「見えすぎる」ことによる疲れを防ぎます。

ではフレームの細部を見ていきましょう。
まずキラリと光る工夫としてフレームとテンプルをつなぐネジ。
汗による腐食を防ぐためにステンレス製なのですが、なんとネジを下から切っています。
20160903123749fa6.jpeg
これは汗等が上から流れ込んでくることを防いでいます。

20160903123828954.jpeg
ネジ周囲の部材もステンレス

201609031238046b8.jpeg
細部にロゴもあしらわれています。

20160903123858221.jpeg
Made in Japan!!

20160903123911b3a.jpeg
サイドにはベンチレーション

20160903130549bf0.jpeg
レンズの形状ですがこちらも2種類選べてEdgeとSTDがあります。
これはちなみにEdgeの方

そして今回のHelium-RXの最大の特徴はこのノーズパット
201609031240037f7.jpeg

201609031239469a5.jpeg
通常のノーズの周りに「アーム」が付いています。
このアームにより女性やお子様のように鼻が小さくてもフィット感が増すとのこと。
ちなみに基本的には男性の方であればアームを取り外しても通常のフィット感は得られるので外して使うのもあり。
とはいえMTBのように振動のきつい場面では「アーム」をつけたまま使うのもアリなのでは?と思って私は外してません。
これは今後引き続き試していこうと思います。

そしてそして、特徴はアームが付いているだけにとどまりません。
このように↓
201609031315289e6.jpeg
ノーズを一旦外して調整すると・・・

20160903131540073.jpeg
①下ポジション広い

20160903131551b82.jpeg
②下ポジション狭い

20160903131604592.jpeg
③上ポジション広い

2016090313161796d.jpeg
④上ポジション狭い

と、計4種類のポジショニングを作り出せます。(アームの有無も入れれば8種類)

広い狭いは鼻の形との相性とか、レンズとまつ毛の間隔の問題で選択すればいいのではないでしょうか。
上下の選択は運動姿勢で選択。
MTBのXCやロード、CXで言えば前傾姿勢なので通常のアイウェアだと視線がアイウェアの上側のフレームと干渉することがあると思います。(平たく言うと「ズレてきてる」状態)
それをノーズパットの下ポジション(①、②)を使うことで通常の位置よりアイウェアをあらかじめ上に「上げておく」ことができます。
これはとてもいい!!
実際ライドでも違いを実感。違和感はなく視界は良好で快適そのものでした。

ちなみに上ポジション(③、④ いわゆる通常ポジション)を使うことでランニングのようにまっすぐ見る場合に対応。
1つのアイウェアで様々なスポーツに対応できます。
バイクのトレーニングにランを取り入れている人には嬉しい機能!?ちなみに私も平日はもっぱらランです。

というわけでデザイン、機能ともに申し分なしのとてもいい相棒を手に入れてしましました。
度入りアイウェアの快適さ、一度手にしたらもう出れませんよ(^^)
ちなみに度無しも当然ありますよ。

詳しい記載はDOUBLE O Glasses GEARホームページからブログでHelium-RXについて検索していただければと思います。
制作事例なんかも載ってます。
スポンサーサイト
機材 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示