チェーンサック対策

2016年12月24日
タイトルにはチェーンサック対策と書きましたが、チェーンサックそのものの対策ではなくて、なった時の被害を最小限にするためのフレームのガードの方のお話。

先日同じバイクにのるキタチャンプがチェーンサックしてチェーンステーに傷がついたとの情報があったのでせめてガードしとかないとと対策へ乗り出しました。

対策といっても程よいステッカーを貼っただけなのですが、見栄えだけはまずまずだったのでご紹介。

さて、まずはクランクを外さねば。
FSAのクランクは外したことなかったのでネット検索でポチポチ調べたところ、ただ六角で回せば良いみたいなのでやってみました。
シマノのように専用工具不要。
ただ回せば
取れました。

クランクを抜いたドライブ側のBB周辺はこんな感じ。
結構ボリュームがあるフレーム形状です。

肝心の貼り付け位置はここ。
インナーのギアとのクリアランスはかなりギリギリ。
既に擦り傷は多数ありました。

今回貼り付けるステッカーはこちら
3Mのダイノックフィルム。
よく車のボンネットなんかに貼ってカーボンボンネット風にするフィルムです。
3M製で作業性もよく、質感もいい感じ。
ペラペラのフィルムではなくて厚みも表面のコーティングもある程度強度が期待できそうです。

こちらのシートをコンパスカッター等駆使して加工
いい感じのサイズに現物あわせして

貼り付けるとこんな感じ。
思ってたよりは上手く貼れたかな。

クランク越しだとこんな感じ。
明日の本番、役立つことが無いように祈ります。
スポンサーサイト
メンテナンス | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示